サービスの内容を把握しておきましょう

有料老人ホームで受けられるサービス内容は施設の設備や、資格をもったスタッフの数によって変わってきます。サービスの具体的な内容を知っておけば、自分に必要なサービスが何なのかわかります。

受けられるサービス

老人と介護士

デイサービス

デイサービスには、入居者の健康状態に合わせて、季節の慣習を取り入れたイベントや、機能訓練などがあります。デイサービスの場合は、老人ホームに送迎車が来て、デイサービスを提供している施設へ移動します。実際の流れは、健康状態を把握した後、体操をしたり、レクリエーションをしたりして、最後におやつを食べながらお茶を食べて終了することが多いです。デイサービスに通うことで、頭や身体を動かすきっかけになりますよ。

生活支援サービス

生活支援サービスとは、介護保険を利用しないサービスのことです。一般的に、買い物の同伴や代行サービス、病院への送迎や受診の付き添い、お部屋の簡単なお掃除、介護サービスに該当しないような日常のちょっとしたお手伝いが対象になります。介護サービスとの線引が難しいですが、介護サービスは、資格を持ったスタッフが決められた時間内に、あらかじめ決められた内容を手伝うのに対して、生活支援サービスでは、資格のないスタッフでもちょっとしたお手伝いをすることがでいます。ただし、老人ホームのスタッフの殆どは介護の資格を習得しているか、もしくは介護の研修を受けているので安心してくださいね。

医療サービス

看護師が常駐している有料老人ホームでは、一定の医療行為を受けることができます。ただし、老人ホームへの医師や看護師の24時間の配置は、法律で定められていないため、24時間の医療処置を希望する場合は、看護師が24時間いる老人ホームを選ぶようにしましょう。処置の内容としては、体温、血圧、脈拍、呼吸数、酸素飽和度といったバイタルサインのチェック、薬剤の管理、褥瘡に関するケア、胃ろう、腸ろうの管理などがあります。

広告募集中