最低限知っておきたい基本的なこと

車椅子の老人

有料老人ホームとは

有料老人ホームとは、高齢者が入所して、様々な介護サービス、医療サービスを受けながら暮らすことのできる施設のことです。一口に有料老人ホームといっても、様々な種類があり、施設によって入所できる条件や受けられるサービスが異なってきます。そのため、自分の必要なサービスを受けることができる施設を選ぶ必要があります。

有料老人ホームの種類

有料老人ホームの種類は、大きく4つに分けることができます。下記に簡単にまとめてみたので参考にしてください。
・一般型特定施設入居者生活介護指定の老人ホーム
介護保険で定められたサービスを受けることができます。
・外部サービス利用型特定施設入居者生活介護指定の老人ホーム
介護保険で定められた介護サービスを受けることができますが、介護サービスを行うのは施設の職員ではなく、外注の介護サービススタッフです。
・住宅型有料老人ホーム
食事の提供や簡単な日常生活上のお手伝いを受けることができる施設です。施設のスタッフは、基本的に介護サービスを提供しません。そのため、介護サービスを受けるには外部の業者と契約を結ぶ必要があります。
・健康型有料老人ホーム
この老人ホームは、基本的に自立している高齢者を対象としています。簡単な生活支援を受けることができますが、介護が必要になった場合は、退去しなくてはならなくなります。

入所の条件

有料老人ホームに入所するための条件は施設によって異なります。例えば自立者という条件であれば、要支援・要介護の認定を受けていなければ、入所することができます。反対に、自立者・要支援者・要介護者という入所条件であれば、年齢さえクリアしていれば、ほとんどの人が入所することができるということです。
ただし、注意したいのは認知症の有無についてです。入所時に認知症を患っている場合は、上記の条件をみたしていても入所できないこともあるので、注意してください。また、入所後に認知症になってしまった場合にも、退去しなくてはいけなくなる場合もあるので、事前の確認が大切です。
さらに特殊な医療処置を必要とする場合、入所できないことがあります。しかし、看護師が24時間常駐しているような施設であれば、医療処置がいる方でも入所できることがあるので、探してみるといいですよ。

新着情報

知っておきたい口コミ

安心できる

私の母が入所した有料老人ホームは、看護師が24時間いるので、もしものときにも安心できます。また、気管内吸引や胃ろうの管理なんかもしてくれるので、大助かりですよ。

認知症でも入所できた

祖父が認知症を患っているので、なかなか入所できる老人ホームが見つからなかったんですけど、インターネットを使って探すと、認知症でも入所できる有料老人ホームがたくさんあって、いろいろ検討することができました。

夫婦で入所できた

老人ホームへ入所すると夫婦バラバラになってしまうこともありますが、私のところは、夫婦が二人で暮らすことのできるスペースがあるので、良かったです。介護士さんや看護師さんもいるので、心配なことはすぐに聞けて助かってます。

食事が美味しい

私のところの老人ホームは、ホテルや旅館を経営している企業が運営しているので、食事が美味しいんです。老人ホーム内にキッチンが設置されているので、毎日ホテルで出てくるような御膳料理を食べていますよ。

リハビリが受けられる

祖母が入所した老人ホームは、理学療法士や作業療法士といったリハビリ専門のスタッフがいるので、必要に応じて体操をしたり、リハビリを受けたりできるんです。定位的に運動しているので、身体の調子が良さそうですよ。

広告募集中